運転免許の種類や区分の理解をサポートする自動車関連インフォメーションサイト

運転免許の細分化の進行と準中型免許

運転免許の種類

運転免許は国家公認の国家資格の一つで、自動車を運転するための免許であり、複数の種類があります。
自動四輪車の免許は、大型自動四輪車を運転するための大型免許、中型自動四輪車を運転できる中型免許、普通自動四輪車の運転が可能となる普通免許の三つに大別されています。
自動二輪車を運転するための免許の場合、大型自動二輪車の運転免許である大型二輪免許、普通自動二輪車を運転するのに必要な普通二輪免許に分類されます。

ちなみに、自動四輪車の大型免許・中型免許・普通免許と自動二輪車の大型免許・普通免許以外にも、大型特殊自動四輪車の運転免許である大型特殊免許や小型特殊自動四輪車を運転できる小型特殊免許、原動機付自転車のみの運転が可能となる原付免許などがあります。
基本的に各免許はそれ以下のサイズの免許としても機能し、サイズが大きい免許の方が汎用性は高いでしょう。

運転免許と運転免許証

恐らく、運転免許と運転免許証を混同されている方も少なからずおられるでしょうが、運転免許と運転免許証は別物であり、運転免許はあくまで運転資格であって、運転資格を有していることを公的に証明するのが運転免許証であることから、運転免許を有していることを証明するために運転免許証が求められるため、混同するのも無理からぬ話ではあるものの、運転免許と運転免許証は別物です。

なお、運転免許証には種類があり、運転者の運転状況によって種類分けされ、運転免許を初めて取得した運転者は有効期限三年のグリーン免許、運転免許の有効期限内で新規に他の運転免許を取得するか、運転免許の有効期間中に違法性の低い事故や違反があった場合、有効期限三年から五年のブルー免許、五年間にわたって無事故無違反を維持できた優良運転者の免許はゴールド免許となります。


TOPへ戻る