運転免許の種類や区分の理解をサポートする自動車関連インフォメーションサイト

運転免許の種類と区分

運転免許の種類と区分

既に触れた通り、運転免許には自動四輪車と自動二輪車に共通して大型免許と普通免許、自動四輪車のみに中型免許や大型特殊免許及び小型特殊免許、原動機付自転車専用の原付免許などの種類があり、運転免許証はこれらの運転免許に応じて、第一種運転免許と第二種運転免許に加え仮運転免許に分かたれているといえるでしょう。

運転免許は基本的に第一種運転免許と第二種運転免許に区分され、運転免許証もこれを反映する形で区分があるのですが、運転免許が第一種運転免許と第二種運転免許に区分されるポイントは、運転免許の商業利用の有無、つまるところバスやタクシーのように乗客を運ぶか否かに尽き、端的に言えば、一般利用の第一種運転免許と商業利用の第二種運転免許に区分されているのです。

運転免許の区分

運転免許は、普通自動四輪車や普通自動二輪車、原動機付自転車のような個人利用を目的とする免許の免許証は第一種運転免許、大型自動四輪車や中型自動四輪車のように、バスやタクシーで運転を商業利用できる免許の免許証は第二種運転免許に類され、公道での運転練習許可する期間限定の運転免許証である仮運転免許を含め、三つの区分が存在します。

一般利用の第一種運転免許と商業利用の第二種運転免許に区分した方が覚えやすいものの、厳密に第一種運転免許と第二種運転免許を区分しているものは、一般利用や商業利用ではなく、自動車の車両総重量です。

しかし、乗車人数に比例して自動車が大型化していくことを考慮すれば、自動車の車両総重量は商業利用を目的としている方が重くなることは必然であり、特殊車両を除き、第一種運転免許と第二種運転免許は、一般利用と商業利用によって区分されているという理解で十分ではないでしょうか。


TOPへ戻る