運転免許の種類や区分の理解をサポートする自動車関連インフォメーションサイト

国際運転免許について

国際運転免許証

日本における運転免許は国家公認の国家資格であり、日本国内であれば所持する運転免許で許可される自動車の運転を行う事ができます。
写真付きの免許証が発行されることから、身分証明書としての信用度が高く、身分証明書の提示を求められる場面や身分証明書の写しを要求される際にも使用されるなど、運転免許としての価値に加え、身分証明書としても機能するため、利便性の高い資格です。

ただし、日本の運転免許はあくまで日本国内における運転免許であることから、日本国外、つまり海外での運転に際しては別途運転免許が必要となるわけですが、長期の留学や出張、あるいは移住するならともかく旅行程度の滞在期間で現地の運転免許を取得するのは非効率的でしょう。

そこで便利なのが国際運転免許証で、日本国内では普通免許以上の運転免許さえあれば、道路交通に関するジュネーブ条約の締約国間での運転が可能となる国際運転免許証を取得できます。

国際運転免許証の注意点

道路交通に関するジュネーブ条約の締約国間においては、国際運転免許証を取得することで、国外での自動車運転も可能となっています。
短期の滞在において国際運転免許証は取得する価値がありますが、国際運転免許証は無条件で取得できるわけではなく、国内の運転免許の取得が前提に書類申請が必要となる他、運転免許を所持していても免許停止処分を受けている場合、国際運転免許を取得することはできません。

国際運転免許証には一年間という期限が設定されているため、国際運転免許証の有効期間は一年間です。
国際運転免許証の有効期限を勘違いするケースが国際的に見られ、起算日となる上陸日から一年が有効期間であって、滞在日数の長短に関わらず、上陸日から一年以内でなければ再使用はできず、起算日から一年経過すると国際運転免許の再取得が求められる点にご注意ください。


TOPへ戻る